自動車コーティング

最近の自動車艶出し事情

トップ

車のコーティング情報

自動車のボディコーティング

昨今自動車のボディ保護や艶出しのためにワックスは使用されず、コーティングという手法が主流になってきています。理由は一度施工すれば数年維持できるということや、業者に施工を依頼するため、自分の手がかからず、また仕上がりも大変きれいなことです。コーティングの種類ですが、撥水に特化したもの、汚れが付着しにくいもの、汚れが簡単に取れるものなど、お店独自のものから選べますので、ご自身の要望に沿った施工できることも魅力の一つです。予算が限られている方は、ご自身で施工する方法もあります。洗車後のボディに商品を吹きかけ、それをふき取るだけという簡単な商品が近年増えています。こちらも種類は豊富にありますので、ご自身の希望に沿った商品を選択することができます。自動車を大事にされる方には必須のオプションの一つです。

コーティングのメリット

自動車を洗車してワックスをかけるというのは昔の話で、今はコーティングの時代です。商品にもよりますが、3年〜5年間その輝きを維持します。主流となっているのが、ガラス・コーティングです。商品自体は液体ですが、ボディーに塗布してふき取ると、硬化してガラスの皮膜ができます。自動車が汚れたかなと思った時は、水洗い洗車をすればその輝きを取り戻します。この商品には親水性のものと撥水性のものの2種類があります。親水性のものは、雨が降ったときに雨滴を作らずに流れ落とします。撥水性のものは雨をはじく性格のものになります。「3年〜5年間その輝きを維持」と書きましたが、経年で輝きが薄れたかなと思った時に自分で再度、塗布することで輝きの寿命を更に延ばすことが出来ます。

© Copyright 最近の自動車艶出し事情. All rights reserved.